いつの?結婚式かと・・

カテゴリー:ウエディング

日々色んな出来事が起きますよね
ただ、それもなかなかアップしきれないことが多くようやくかあっ~~と教え子の待ち望んだ顔
が浮かんできます
昨年の秋の報告になりますが
ようやくお嫁にいった専門学校時代の教え子の結婚式に参列
そこで来賓の挨拶とピアノ演奏をしてきました
ピアノ演奏より来賓の挨拶の緊張は半端なかったです
その時の結婚式の様子が何んとゼクシィネット
下記サイト(スタイル47 テーマパーク気分でゲストと楽しむパーティ)に
http://zexy.net/s/navi/style/style47.html/ 写真4枚目6枚目に 掲載されています
お暇な方は観てくださいね

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくね
※ご依頼・ご質問・体験レッスンは、お気軽にお問合せ下さい
http://www.dolce-of-music.com/school/

最近の出来事1

カテゴリー:ウエディング

梅雨も明け暑い毎日ですね
夏が苦手な私は、涼しいクーラーの中でじっとして
早く秋が来るのを待つばかり・・

さて、この連休に
生徒さんの結婚式がありました
以前からの依頼で、今回私が披露宴の音楽プロデュースをさせてもらいました
私も演奏もさせてもらったのですが
JAZZピアノトリオ 生バンド演奏をいれました

プロデュースをした私が言うのは何ですが
レベルの高い素晴らしい演奏と絶妙なタイミングと即興性
 すごい良かったです

最近のウエディングの傾向として披露宴にプロの生演奏を依頼する方はすごく減っています。
それは、音楽の多様化・・ CD・MD・映像音源の急速な進化により
充分それで演出できるようになったので、費用のかかる生演奏は減ったいう感じです

しかし、ここがポイントですがクォリティの高い奏者の演奏は、ホント
素晴らしい最高の演出になります。
演奏技術レベルの低い奏者では、良さがわからないかもしれません・・・

ここに音楽がわからない一般の方が生演奏を入れる難しさがあるように思います。

どんな奏者が来るかわからない・・ことに対しては不安もありますよね
かといって、一般の方ではなかなかよし悪しの判断もできない
やり直しもきかない
色々問題はあるようにも思います。

20年前のように、まだオリジナル性もなく画一化された披露宴進行の中
エレクトーン奏者がかならず披露宴で演奏するという時代は過去のものなのでしょうね

今回結婚された生徒さんは、音楽が大好きで
披露宴での音楽演出に対して
すべてのシーンに対して細かいところまで熱い思い入れがあり
それにお答えすべく色々演出を考えました。
逆に、ここまで思い入れがある方のほうが少ないでしょうね

ここまでできる今の時代に結婚できる方は羨ましいなあ~
今から結婚式をされる方は、セレモニーはイベントなので
是非演出まで気を配ってみて下さい

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
読んで頂きありがとうございます。
ランキングにご協力よろしくね
※ご依頼・ご質問・体験レッスンは、お気軽にお問合せ下さい
http://www.dolce-of-music.com

| ホーム |

Since -Copyright© Dolce of Music. all right reserved.